図形の極みは何歳から受講出来る?図形の極みを始めるのにおすすめの年齢は?

小学校に上がると算数の授業で当然現れてくるのが「図形」の問題ですね。

1年生から始まる算数は、最初は1+1などの簡単な計算から始まり少しずつ実力と自信をつけながら難しい問題に進んでいくという方法で学んでいきます。

先生も丁寧に教えてくれている事でしょう。

 

順調に勉強を進めていた子どもが「図形」の問題になったとたんにつまづき始めることがあるかも。

これまでは数字を見て単純に足したり引いたりするだけだったのに、どうしてつまづいてしまうんでしょう?

同じく九九や時計の問題でもちょっとつまづきを覚える子どももいますが、これは暗記してしまえば比較的簡単にクリアできる問題だったりします。

 

親もなかなか教えにくい図形の問題について、分かりやすい塾があるんです。

現在オンライン受講も開催中の「図形の極み」について詳しく紹介していきます。

[この記事に書いてあること]
  • 図形の極みとは
  • 図形の極みの学習内容
  • 図形の極みを取り入れる最適な年齢
  • 図形の極みは未就学児でも受講ができるのか
  • 中学受験に図形の極みがメリットになる理由

\今なら無料資料請求できる/ 玉井式図形の極みオンライン講座の無料体験 ★ 資料請求で「80Pの見本教材を試して検討したい」と伝えるといいです

図形の極みとは

図形問題に悩む子どものための塾「図形の極み」って一体どんな塾なんでしょうか。

詳しく紹介していきますね。

<図形の極みHP>

≫ 玉井式「図形の極み」公式サイト

図形の極みの特徴

「玉井式プログラム」といわれるプログラムを導入して子どもたちに遊びと同じ感覚で夢中になりながら図形の勉強が出来るシステムです。

≫ 玉井式図形の極みオンライン講座の無料体験をお試し

図形の極みを受講出来るところ

  • 通信講座

図形の極みは塾と通信によるオンライン講座で学ぶことが出来ます。

受講できる教室を紹介します。

<北海道>
・札幌、北見練成会
<東北>
・青森練成会
・仙台練成会
<関東>
・アカデミー
・サイエイスクール
・スクール21
・市進
・HOMES
・中萬学院
・ウィルビー学童スクール
・アイズアカデミー
<北陸>
・ひろたこども園
・めぐみこども園
・常盤台保育園
・ときわっこ学童クラブ
・富山育英センター
・まなびねっとキッズアフタースクール
・学校法人片山学園
・金沢育英センター
・福井育英センター
<甲信越・東海エリア>
・志門塾
・進学予備校未来教育舎
・むぎ進学教室
・京進
<関西>
・京進
・洛西進学教室
・アップ教育企画
・KECゼミナール
・馬渕個別
・学校法人嶋田学園
・京進
・イング
・創造学園
・創造学園エディック
・創造アカデミー
・木村塾
・奈良育英小学校
・タマイインベストメントエデュケーションズ
<中国・四国エリア>
・家庭学習研究社
・宇部進学教室
・伸学舎
・エンゼル幼稚園
<九州>
・英進館
・全教研・熊本ゼミナール
・東大セミナー
<ベトナム>
・早稲田アカデミー
<シンガポール>
・SHERPATH(シェルパス)

自宅

おうちでオンライン受講も出来ます。

オンライン講座を開催している塾を探し、ZOOMで受講する形になります。

<イング>

イングでは、ZOOMで受講できるシステムを導入しています。

集団、個別で対応していて小学1年生~6年生が対象です。

図形の極みの料金

学習塾のイングを参考に受講料金について紹介していきます。

  • 通信講座:4,500円(税抜)
  • 週1通塾コース:7,000円(税抜)

図形の極みの学習内容

次に図形の極みの学習内容について紹介していきます。

①学習内容

10~1級と級別で教材が用意されていて段階的に学び、立体アニメーションでイメージする力を高めていきます。

 

【関連】図形の極みのレベルは?どれくらい難しくなっていくの?

②単元テスト

分野別確認テストで二が得て分野を確認していき、進級検定試験に挑戦します。

図形の極みを取り入れる最適な年齢

図形の極みを取り入れるのに最適な年齢ですが、頭の柔らかいうちにイメージ力を高めることがとても大切です。

図形の極みには年齢制限がありません。

いつ始めても大丈夫なんです。

 

【関連】図形の極みは何歳から受講出来る?図形の極みを始めるのにおすすめの年齢は?

図形の極みを始めるのにおすすめの年齢

  1. 中学受験を考えたとき
  2. 頭の柔らかいうちに
  3. 出来るだけ早いうちから

① 中学受験を考えたとき

中学受験に図形問題は必須です。

そのため、早くから図形については理解していたほうが良いでしょう。

中学受験を早くから考える人は小学1年生から塾に通い始めることが多いですが、遅くとも4年生くらいには中学受験の準備を始めたほうがよいとされています。

そのため、図形の極みも遅くとも4年生までには始めたいところですね。

② 頭の柔らかいうちに

図形は紙に書かれていてもなかなか理解しにくい問題です。

そのため、頭が固くなり始める小学校高学年になるよりは低学年のうちに始めたほうがよいでしょう。

特に算数の基礎を理解出来てきた3~4年生が無理なく学習を始められる年齢です。

③ 出来るだけ早いうちから

図形の極みは年齢制限を特に設けていないので、小学校に入るタイミングの1年生で学校と同時にスタートすると子どもにとっても習慣化しやすいでしょう。

子どもが学校になれるペースは個人差があるので、自分の子どもが学校に慣れたり、宿題プラスの勉強ができそうか、というところも判断の基準になりそうです。

図形の極みは未就学児でも受講が出来るのか

図形の極みは先ほどもお伝えした通り、年齢制限は特にありません。

塾を介してのみしか申し込みが出来ないので不安な方は塾で相談してみてもいいでしょう。

①未就学児で始めるメリット

年長からでも図形の極みは始めることが出来ます。

幼稚園児のうちは遊びの延長で図形について学ぶことが出来て、学習というよりは図形を感覚的に身に着けることが出来るので、一度覚えると完全に習得しやすい図形については年長から始めても定着しやすいです。

②未就学児で始めるデメリット

未就学児は集中力が短く、すぐに飽きてしまうことがあります。

そのため、デメリットとしては集中力が切れてしまったことで飽きただけなのに「図形」そのものに苦手意識を植え付けてしまうといった点があることです。

お母さんが一緒に「遊びの延長」ということを意識しながら、飽きてきたなと感じたらお母さんの方から「今日はここまでにしようか」などの声かけを上手に取り入れて行くと良いでしょう。

≫ 玉井式図形の極みオンライン講座の無料体験をお試し

中学校受験に図形の極みがメリットになる理由

玉井式によると中学受験で正答率の低い問題というのが①図形②速さ③規則性ということです。

多くの子どもが図形の問題で躓いてしまうんです。

中学受験の塾では一斉授業と個別とがありますが、どの授業もほとんどが黒板などを使った平面での学習になります。

それが、図形を苦手とする子どもがなかなか苦手を克服できない理由なんです。

図形の極みで学ぶと立体アニメーションを使って学ぶのでより立体的に図形をイメージすることが出来ます。

さらに、図形は一度理解すると体で覚えると言っても良いほど頭にインプットされてしまうんです。

だから、膨大な中学受験の問題に対応しなければならない中学受験の時は早くから図

形の問題をクリアしておくと他の子どもとの差がつけやすくなります。

≫ 玉井式図形の極みオンライン講座の無料体験をお試し

図形の極みは何歳から受講出来る?のまとめ

今回は図形の極みを受講するのに何歳からがおすすめなのかについて詳しく紹介していきました。

  • 図形の極みを取り入れる最適な年齢
  • 図形の極みは未就学児でも受講ができるのか
  • 中学受験に図形の極みがメリットになる理由

 

中学受験を考える方も、そうでない方もなるべく早くから始めると効果がありそうです。

今なら無料資料請求で10級~7級の問題がお試しできる問題集がもらえます。

\今なら無料資料請求できる/ 玉井式図形の極みオンライン講座の無料体験 ★ 資料請求で「80Pの見本教材を試して検討したい」と伝えるといいです

『図形の極み』の記事


考える子になる英才教育『玉井式図形の極みオンライン講座』

  • 無料資料請求・お試しができる
  • 月額4,950円(税込)から
  • 考える子になる英才教育
  • 公式に頼らずイメージ力で「図形脳」を育む
  • 学年に関係なく実力を養える

\今なら無料資料請求できる/ 玉井式図形の極みオンライン講座の無料体験 ★ 資料請求で「80Pの見本教材を試して検討したい」と伝えるといいです