小学生におすすめの図形の問題集はこれ!おすすめ5選

新学年になり気持ちも一新、勉強に取り組もうというお子さんも多いことでしょう。

今なら子どももやる気満々で苦手なことにも挑戦してみようと前向きに頑張れそうです。

せっかくやる気を出しているのに、何をすればいいのかわからず悩んでいるということはありませんか?

学校からの教材や問題集は勝手に進めていいのかわからないし・・・

今回はそんな時におすすめのドリルを紹介していきます。

[この記事に書いてあること]
  • 図形は簡単なものからかなり難しい問題まで
  • 小学生におすすめの図形問題集5選

図形は簡単なものからかなり難しい問題まで

小学生の図形は小学校1年生のうちは「同じ図形はなに?」といった形探しからはじまります。

それが、徐々に難しくなっていって小学校3年生の頃に「二等辺三角形」や「正三角形」を学びます。

そして、小学校5年生の頃には立体図形について学び、最高学年の6年生では角柱や円柱の体積まで求めるようになります。

ここでつまづいてしまうととりもどすのにかなり苦労するので早い段階からしっかり復習をして図形をマスターしてしまいましょう。

小学生におすすめの図形問題集5選

学校の教材を勝手に進めるのに抵抗があるという方におすすめなのは市販のドリルや無料プリント教材です。

市販のドリルもノートに解答を書くようにすると何回でも繰り返し使えるのでコスパが良いです。

完璧に近づいたと思ったときに直接ドリルに書き込んで仕上げをするのが良い使い方ですね。

  1. 算数の図鑑
  2. つまづきをなくす平面図形小1・2・3
  3. 小学2年 図形・数・たんい (毎日のドリル)
  4. 小4までに身につけたい・立体の図形センス
  5. おりがみで学ぶ図形パズル

① 算数の図鑑

まず、最初に紹介したいのが「算数の図鑑」です。

理数系先進国イギリスで「最もわかりやすい」と評判のこのドリルは算数の基礎をカラフルな図解で解説した図鑑。

中学受験を検討するお子さんにもぴったりです。

② つまづきをなくす平面図形小1・2・3

つまづきをなくす平面図形は小1~3、小4~6、立体図形小4~6と分野別に分かれた冊子になっています。

必要なところや苦手なところだけ購入することが出来るのでとても便利です。

計算問題のドリルはたくさん出ていますがここまで図形に特化した問題集はあまりありません。

ぜひ活用してほしい一冊です。

③ 小学2年 図形・数・たんい (毎日のドリル)

小学2年図形・数・たんいというドリルはスマホのアプリをダウンロードして併用することが出来るデジタル教材がついているのが有難いですね。

定番の問題がやり切れる量であることで子どもの達成感や自信を身に着けることも出来ます。

無理のある量だとドリルがなかなか進まず、子どものモチベーションを下げる原因になってしまいます…

これはちょっとモチベーションが下がったときでもアプリで気分転換することも出来るのが進めやすいポイントです。

シリーズ展開も豊富なのでお子さんに合ったものを選ぶことも出来るんですよ。

④ 小4までに身につけたい・立体の図形センス

小4までに身につけたい・立体の図形センスは、A4より少し小さいサイズでカバンにスッキリ入るサイズ。

塾通いをしている通塾の電車やバス、車の中でもさっと広げられるので隙間時間に学ぶことが出来ます。

中は、カラーで独立開きになっていて文字よりも図形が多くなっていることから図形が好きな子にはゲーム感覚でどんどん解き進められる問題集ですね。

中学受験にも対応することが出来るレベルの問題集です。

でも中学受験を希望しないお子さんでも、小学校の算数では少し物足りないとか少し上のレベルを勉強したいという場合にもぴったりです。

⑤ おりがみで学ぶ図形パズル 【小学校全学年用 算数】

最後に紹介したいのが折り紙で学ぶ図形パズルです。

算数と言えば公式ですが、子どもによくあるのが丸暗記すれば何とかなるというところ。

ところが、丸暗記して出来た気になっているだけで実はなぜそうなるのかという部分が理解できていないということがあるんです。

それが原因で算数自体を面白くなく感じてしまったりするので苦手意識がむくむくと膨らんでしまいます。

このドリルではおりがみを使った解説をしているので実際におりがみを使って手を動かしながら学ぶことが出来るんです。

そのおかげで頭で理解しようとしていた難しい図形を感覚で理解することが出来て、「なんだ図形ってこんなことだったんだ」と遊び感覚で自然と身に着けることが出来るようになります。

親子で一緒に取り組むことも出来るので親子時間にも一役買ってくれそうですね。

図形が学べる小学生用問題集のまとめ

今回は学校の算数の図形問題をさらに復習したい、中学受験に挑戦する、レベルアップした学習に取り組みたいというお子さん向けの図形ドリルを5つ紹介していきました。

  • 図形は簡単なものからかなり難しい問題まで
  • 小学生におすすめの図形問題集5選

教科書だけではなかなか応用までは取り組むことが出来ないのですが、市販の図形や無料教材を使うとおうちでもしっかり復習や予習まで取り組むことが出来ます。

特に小学校低学年のうちは簡単に感じていた図形の問題も高学年になればなるほど難しくなり、面積や体積を求める応用問題もどんどん増えていきます。

最初のうちにつまづいてしまうと応用問題に取り組むことすらできなくなり、計算問題や文章問題など今まで出来ていたような課題ですら苦手に感じてしまうことがあります。

そうならないためにも毎日出来る量を少しずつ、楽しみながら学んでいくという習慣をぜひつけていってほしいですよね。

 

 

今回は市販ドリルを紹介していきましたが、無料プリント教材や通信教育教材も紹介しています。

 

【関連】完全無料♪小学生の図形問題を徹底紹介!小学生で図形につまづかないために


考える子になる英才教育『玉井式図形の極みオンライン講座』

  • 無料資料請求で80Pの見本教材がもらえる
  • 月額4,950円(税込)から
  • 考える子になる英才教育
  • 公式に頼らずイメージ力で「図形脳」を育む
  • 学年に関係なく実力を養える

\今なら無料資料請求で80Pの見本教材がもらえる/ 【玉井式・図形の極み】オンライン講座の無料体験 ★ 資料請求で「見本教材を試して検討したい」と伝えるといいです

いつまで見本教材がもらえるかわからないので、お早めに!