小学生の図形学習におすすめパズルはこれ!

計算問題は得意でも文章題になると難しく感じたり、算数の中でも図形が出てくると途端に苦手に感じてしまっているお子さんはいませんか?

どちらも、難しくなったのではないんですよ!

「新しい」ものが子どもの中に飛び込んできて戸惑ってしまっているということが大きな原因なんです。

新しいことにワクワクするお子さんもいれば、新しいことに向き合うことが苦手なおこさんもいます。

今回はどんなお子さんでも楽しく図形を学んでいける教材を紹介していきますのでぜひ最後までご覧ください。

 

新しい課題に取り組むときに苦手意識を持ってしまって、「勉強嫌い」と勉強自体を否定してしまうお子さんもいることでしょう。

学校で机に座って先生の話を聞きながら黒板を見るということだけで子どもは2つも3つも並行して行動しなければならないんです。

それに加えて新し分野の授業となると同時並行で物事を進めることが苦手なお子さんはより一層図形がハードルの高いものになってしまうでしょう。

では、その図形の授業に入る前にこれは面白いことなんだよ!

小さいころに遊んだことがあるけど覚えているかな?と遠い記憶を呼び起こしてあげてはどうでしょうか?

そんな楽しかった思い出を引き出しながら勉強に取り組めば図形の問題も楽しく学ぶことが出来るんです。

[この記事に書いてあること]
  • 図形の勉強を難しいと思いこんでいませんか?
  • 図形と言っても小さいころから手に触れているはず
  • 図形について学べるおすすめおもちゃ

今回はこちらについて紹介していきます。

図形の勉強を難しいと思いこんでいませんか?

算数の教科書を開いていきなり図形の問題が飛び込んで来たら「なんだこれ?!」と動揺してしまうかもしれません。

でも、よく思い出してみてください。

この目の前の図形は幼児の頃によく手にしていたものに似ていませんか?

毎日一緒に遊んでいたお母さんやお父さんが「これ覚えてる?」と懐かしいおもちゃを出してきてあげると子どもは嬉しい気持ちになって前向きに勉強に取り組めるはずです。

図形と言っても小さいころから手に触れているはず

例えば、小さいころに良く手にしていたものの中に、つみきはありませんでしたか?

おりがみはどうでしょうか?

どこかのタイミングで一度は手にしたり目にしたりしていたかもしれません。

もし、これまで手にしたことがなかったというならこれから親子で一緒に手に取ればいいんです。

するとたちまちむずかしいと思っていた図形がすごく身近なものになります。

図形について学べるおすすめパズル

今回紹介するのは遊びながら学べる図形のおもちゃです。

そんなに高価なものでも難しいものでもないので安心してくださいね。

①おりがみで学ぶ図形パズル+切りがみで学ぶ図形パズル 2冊セット

この本は、おりがみと切り紙で図形の展開を学ぶことが出来る2冊です。

幼児のころはおりがみで遊ぶ機会も多かったことでしょう。

今回紹介する切りがみの本ははさみも使っておりがみを切っていくので幼児期よりも一歩進んだ遊びを楽しみながら図形の認識を学ぶことが出来る1冊です。

親御さんも一緒になって夢中になるかもしれません。

②天才ドリル 平面図形が得意になる点描写 点対称

インパクトのある題名「天才」ドリル。

天才と言われて嫌な気分のする子はいないでしょう。

基本的に子どもは褒めて伸ばすのが一番効果的です。

このドリルを使ってまず平面図形をマスターしていきましょう。

点を線で結んでいくのでヒントをもらながら図形を描いていくことが出来るのがやる気の出るポイント。

子どもは自分の書いた図形がゆがんでいたり汚かったりすると「ああ!失敗した!」といらいらしてしまいがち。

でも、このドリルを使うと自然と綺麗に図形が描けるので自信を持って図形を描きながら学ぶことが出来ますよ。

③大人に役立つ!頭のいい小学生が解いているパズル

大人向けのドリルなんですが、今どきの中学受験の問題はまさに大人顔負け。

「どっちが解けるか一緒に挑戦しよう!」と子どもと一緒になって解いていくと子どもが先に解けたときは嬉しさと自信でいっぱいになります。

お母さんやお父さんも負けじと解かないと現役小学生にはもしかしたら適わないかも?!

大人も頭の体操になるドリルです。

④ブロックス

マテル(MATTEL)
¥2,234 (2021/06/13 22:40:49時点 Amazon調べ-詳細)

次は知育おもちゃのブロックスです。

タイルが角が接するように解いていくパズルで賢い人ほど勝てるゲーム。

ルールがキチンとあるので対戦相手は必要ですが例えば友だちが遊びに来たときなんかに出してきて遊べば友だちも一緒に勉強できるし遊べるので一石二鳥ですね。

子どもも気付かないうちに図形の感覚を養うことが出来る嬉しいおもちゃです。

小学生になってから購入してもそこまで効果ではないのが嬉しいポイント。

⑤レゴクラシック 黄色のアイデアボックス

もしかしたら幼児のときに買ってもらった人も多いかもしれません。

「レゴ持ってる!持ってた!」というおうちも多いことから、小さいころに遊んでいたレゴを使うことが出来るのは懐かしい気持ちで遊びながら学べる一番嬉しいおもちゃですね。

創造力が膨らみ無限に作品を作ることが出来るレゴで、「試しに教科書に載ってるこの図形を作ってみようか?」と声かけしながら作っていくとさっきまでただただ難しいとしか思えなかった教科書の図形が目の前にレゴとして存在する感動が生まれます。

一人で黙々と作ることも出来るし、親子で一緒に取り組むことも出来るおもちゃですね。

小学生のための図形パズルのまとめ

今回は、図形は意外と小さいころから親しんでいた!ということを思い出してほしかったので幼児期に使ったようなおもちゃも紹介していきました。

今回紹介したおもちゃやドリルで子どもの意欲や関心を引き出しながら、なかなか一緒に遊ぶ機会が少なくなった小学生との親子時間を築いていく機会になれば嬉しいです。

また、今後はさらにレベルアップを目指したいという方向けのドリルなども紹介していきたいと思います。

最後までご覧くださりありがとうございました!


考える子になる英才教育『玉井式図形の極みオンライン講座』

  • 無料資料請求で80Pの見本教材がもらえる
  • 月額4,950円(税込)から
  • 考える子になる英才教育
  • 公式に頼らずイメージ力で「図形脳」を育む
  • 学年に関係なく実力を養える

\今なら無料資料請求で80Pの見本教材がもらえる/ 【玉井式・図形の極み】オンライン講座の無料体験 ★ 資料請求で「見本教材を試して検討したい」と伝えるといいです

いつまで見本教材がもらえるかわからないので、お早めに!