チャレンジ2年生の口コミレビュー!チャレンジ2年生のテキスト教材VSチャレンジタッチどっちがいいの?

チャレンジ2年生のテキスト教材とチャレンジタッチってどっちがいいの?

などと悩んでいる方は多いと思います。

そこでこの記事ではチャレンジ2年生のテキスト教材とチャレンジタッチについて詳しく解説してきます。

チャレンジ2年生の紙教材のおすすめポイントをご紹介します!

「チャレンジの紙教材って何があるの?」「チャレンジタッチとは違う?」そんな疑問を持つ方に、今回はチャレンジ2年生の紙教材の内容と、おすすめポイントを分かりやすくご紹介します。

チャレンジ2年生で使用する紙教材を中心とした学習内容は、学校で習う単元はもちろんのこと、予習や復習用としてもお使いいただけますよ。

毎月送られてくる紙教材の内容

チャレンジ2年生の紙教材は、毎月何をこなせばいいのかが一目でわかります。

毎月、5つの教材が盛り込まれていて、内容も親子さんが安心して取り組めるものばかりになっています。

「チャレンジのテキストと問題集」「赤ペン先生の問題」「わくわくサイエンスブック」「保護者通信(毎月の悩み相談やテキストの回答などが記載されています)」「月によって毎回変わる付録」など、1日15分という短い時間で少しずつ学習できるのです。

紙教材のおすすめポイント3つ

  1. 1日15分程度の学習内容なので、毎日継続して取り組める
  2. 字をきれいに書く習慣、机に向かう習慣が増える
  3. 思考力や体験学習、提出する課題があることで楽しく学習が進む

① 1日15分程度の学習内容なので、毎日継続して取り組める

チャレンジ2年生の問題集は、国語と算数があり、一日1ページずつから15分ほどで学習できます。

一日に数ページ終わらせてしまうより、学校の授業と同じペースで学習するのがおすすめです。

子供が「もっと学習したい」ということであれば各ご家庭のペースでももちろん良いと思います。

予習用に使う、復習用として使うといったこともできますよ。

② 字をきれいに書く習慣、机に向かう習慣が増える

チャレンジ2年生の紙教材のメリットとして、字をきれいに書く習慣、漢字や文章を書くなどといった力が養えます。

「机に向かって字を書く」というだけで学習しているという意識が持てるのです。

どこでも持ち運べるタブレットと違い、机で集中して取り組めることは、「字をきれいに書く」といった習慣づけにもつながりますよ。

③ 思考力や体験学習、提出する課題があることで楽しく学習が進む

チャレンジ2年生のわくわくサイエンスブックや赤ペン先生には、子供が楽しく勉強できるようなコンテンツが多数あります。

その中でも、わくわくサイエンスブックには子供の好奇心をくすぐるテーマが盛り込まれているのも魅力の一つです。

科学に関する工作などは、親子で実際に手で動かしみて試行錯誤しながら作れます。

教科の枠にとらわれない教養を身につけることで想像力も養われます。

また、赤ペン先生では、添削指導があるため学習の理解度をチェックできますので毎月、親子で楽しみにしているご家庭も多いようですよ。

その他のおすすめ教材

普段学習している内容にプラスして、チャレンジ2年生には、AIとの会話を楽しめる「チャレンジイングリッシュ」、基礎レベルと応用レベルを選べる「実力アップドリル」があります。

8・12・3月号で行われる「実力診断テスト」もあり、各学期の総まとめもできるので安心ですね。

「電子図書館まなびライブラリー」では、名作や伝記など1000冊が読み放題なのでPCから親子で楽しんでみてはいかがでしょうか。

まとめ

チャレンジ2年生の紙教材はいかがでしたか?

今回の紙教材の内容をもとに、親子で毎日少しずつ学んでいきませんか。

赤ペン先生などの提出目標やフィードバックがあることで子供の学習意欲がつきますよ。

今回は、チャレンジタッチにはない紙教材の魅力をお伝えしました。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

ベネッセイオンカードでお得にこどもちゃれんじが受講できる

  • 年会費無料
  • こどもちゃれんじ・進研ゼミの受講費支払い手数料が無料
  • 全国のイオンで割引
  • ベネッセポイントとときめきポイントが同時に貯まる
  • ホテルやレジャー施設で優待サービスが受けれる

\年会費無料/ベネッセ・イオンカード たった5分で完了